専門学校から保育士になってもデメリットはない?

専門学校から保育士になることには、デメリットも存在します。まず、4年生大学をでていなければ幼稚園教諭一種の免許はとれません。専門学校の2年制コースもしくは3年制のコース、短期大学でも幼稚園教諭二種の免許ならとれますが、一種は無理です。経験を積んだあとに試験に合格をすることで二種から一種へとランクアップすることは可能です。

また、施設によっては学歴を重視するところもあるようです。私立の名門の幼稚園などは、基本的には4年制大学をでている人しか採用しないというところもあるという噂です。保育園の場合には学歴はほとんど影響しませんので、あくまで保育士を目指しているという人ならばデメリットはないでしょう。しかし、幼稚園と保育園を合体させたような施設も登場してきているので、絶対に影響がないとは言えません。

逆に、専門学校から保育士になるメリットとしては、最短で2年で希望の職業につけるということがあげられます。4年生大学に比べると学費も節約できます。単純に考えても2年分の学費が節約できますが、1年あたりの学費についても私立大学よりは安い傾向です。国立大学と比べても、保育コースの場合には学費が安いということもあるようです。

メリットとデメリットがありますが、あくまで保育士を目指すというのであれば、最短2年でその夢が実現できる専門学校はおすすめです。「やっぱり民間の企業へ就職したい」と思った時には不利になってしまうので、迷っている人は4年生大学のほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*