保育士の事を学ぶためには専門学校がおすすめ

保育士になるためにはいくつか方法があります。まず1つ目が4年制大学を卒業することで、学費は総額で300万円ほどかかります。学費は高いですが、卒業と同時にの資格がもらえるのでメリットはかなりでかいです。そして2つ目が短期大学を卒業することです。

こちらも卒業と同時に資格がもらえます。ただ短期大学は2年制なのでかなり過酷な学習スケジュールとなっています。短期で保育士の資格を取れるので4年制大学より2年ほどキャリアを積むことができます。費用は入学金を除いて2年で平均100万円ほどかかります。

3つ目が専門学校を卒業することです。保育系の専門学校でも卒業と同時に資格がもらえます。専門学校は多少のデメリットがあり、専門学校では幼稚園教諭2種免許は取れない事です。中には単位を取るだけは、保育士の資格すら取れないところもあるので十分に調べてから通うようにするのがベストです。

ただメリットとしては短期大学より専門的なことを学べますし、内容が短期大学ほど過酷ではないので余裕が持てるところです。費用は入学金を除くと、2年で100万円ほどでかかります。費用も比較的高くなく、多くの専門的な事も学べるのでオススメです。最後に通信制専門学校や通信教育でも学ぶことが可能で、通信制教育では完全に自分のペースで資格取得を目指す事が可能となります。

通信教育では子育てをしながらだったり、仕事の合間に勉強することが可能です。このように、保育士の資格を取得するためにはいくつか方法があるので自分にあった方法で学ぶのがベストです。大阪の美容専門学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*