鉄道会社が採用活動を行うときには、一定の人数を集めて採用試験を受けさせるということがあります。特に列車の乗務員や保線関係という職種においては、一定の人数を採用するというケースが存在しています。鉄道の専門職は人材を維持することが求められる性質があるため、このような事情が生まれます。それゆえ、採用をするときには多くの学生を集めて採用試験を受けさせるスタイルになっていきます。

このとき、多くの学生を集めることができる会場が不可欠になり確保をすることが求められます。その際に、グループ会社にあるホテルの大広間を借りてそこに集めさせて試験を行うという方法があります。ホテルの大広間を借りることによって、多くの学生を収容することができるというメリットが存在します。大広間では、たくさんの学生がいても試験の時間を午前や午後に分けて受けさせることができます。

また、グループ会社のホテルならば確保において調整をしてもらえるという事情もあります。同時に、採用試験会場として提供してくれるホテルを探す作業を省いてくれるという利点も生まれます。そのため、鉄道会社が専門職の採用試験を行うときにグループ会社のホテルを使用するという手段を検討することができます。なお、採用試験の会場として利用するときには相手と話し合いをしておくことも求められます。

同時に、場所についても学生たちにアクセス方法などを含めて情報を提供するのが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です