ホテルは繁盛期や祝日などの時期には客室が埋まりますが、平日においては空室になるということがあります。この空室を埋めるということは、利用料金が発生する結果になりホテル側の利益に結び付いていきます。この空室を埋めるという対策については、次のようなやり方を検討することが可能になります。それは、短時間の利用プランを導入する例えば仮眠のための使用を認めるというものです。

空室が発生している部屋を一時的な利用向けに解放することにより、別の使用方法を生み出すことができます。加えて、空室を利用するのでコストの新たな追加を回避することができるという利点もあります。さらに、短時間の利用というプランでは安い価格で提供をするということも可能になります。またこのプランに加えて、レストランでの食事とのセット内容を盛り込むという案も存在しています。

このように、別の目的を導入することによって新しいプランなどを考え出すことができるのです。ホテルは寝泊まりをするところという性質を持っていますが、上記のように別の目的にも使用することが可能です。またこのプランでは、短時間から長時間の滞在というプランも開発することができます。これによって、利用者に応じたニーズの要望に応じることができるという体制を作ることが可能となります。

その他にも、宿泊予約で取り入れているインターネットによる早割を一時滞在プランにおいても導入をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です